旋盤市場PSL450-VDRに中華製ピストン式クイックチェンジツール(250-100)を取り付けてみた!ポン付不可?要加工!?Part1

旋盤「PSL450-VDR」

当方所有の旋盤市場PSL450-VDRに中華製ピストン式クイックチェンジツール(250-100)を取り付けてみました。既存の刃物台では素早くバイトが交換できないので時間が掛かりストレスになります。効率的に加工するにはクイックチェンジツールを取り付ける必要性があり、当方も交換してみました。購入したのは「品番:250-100」です。購入時は初心者素人だった為、何も分らずこれを購入しましたが取り付けは難有りでした。ポン付けは不可!要加工です。この記事は取り付け加工の備忘録です。

*この記事の写真は3年前の写真と最近の写真が混在しています。取り付け当時、写真に写し忘れた重要部分も多々あるのでザックリ説明記事になります。説明の前後で辻褄が合わない箇所があるかもしれませんので参考にする方はご注意ください。分らない所はお問い合わせください。分る範囲でのお答えします。再編集するかも・・??

スポンサーリンク

中華製 ピストン式クイックチェンジツール(250-100)

中華製で国内で手に入りやすいのがこの種類?の「250-100」です。正式名称、製造元の詳細は不明。サイズは色々有りますが何も分らなかったのでネットの情報を見て購入してみました。サイズは大きくても小さくても良くないので適度な大きさをチョイスしました。「250-000」はこれより小さく小型旋盤にピッタリサイズです。「250-200」以上は卓上旋盤には大きすぎる感じがします。PSL450-VDRクラスは「250-000」か「250-100」だと思います。

QCTP:Quick Change Tool Post  クイックチェンジツールポスト

そもそも「旋盤市場PSL450-VDR」に取り付け可能なのかが当時(2~3年前)ネットには情報が見つからなかったです。ポン付け出来ると軽い気持ちで購入しましたが取り付けは難有りでした。

250-100サイズ表
AliExpressで購入

ストア名:バンソンストアで購入。( 2018.03.24)

AliExpressストアーの中では送料込みだと少々お高いですが物は良い物?が多いです。「物が良い」とは偽者では無いという事です。中華製のクオリティーですがストアーによっては低品質で中華製品の偽者(模倣品)も有るようです。

購入するときは国内アマゾンと価格を比較してどちらで買うか検討した方が良いです。

QCTP 250 -101 クイックチェンジツールホルダー
QCTP 250 -101 サイズ表

QCTP 250 -101の適用シャンクサイズは高さ12mmまでしか掴めません。16mmシャンクや20mm、25mmを掴む場合は改造が必要です。

ピストンレバーの先端

ピストンレバーの支柱

ねじ式で接合します。

本体にもねじ式でドッキング。

防錆のオイルがしっかりと付いています。

アリ溝の嵌め合いもしっかりとした作りになっています。

中華製にしては?製品はしっかりしていてYouTube等で見ると世界中で使われているようです。

取り付け加工(PSL450-VDR)

それでは当方の取付け方法をご紹介します。かなり強引な取り付け方法だと思っていますが取り合えず2年ほど使用した実績は有りますのでそこそこ使える?取り付け方法だと思います。しかしながらチョット気に食わない箇所もあるので今後は取り付け方法の変更を考えています。

余談ですが以前は下写真にあるミニタイプの物を短期間使用しました。

ミニ旋盤工具ポスト ミニクイックチェンジツール

本体はアルミ製でポン付け出来たと記憶しています。「250-100」と比べると剛性不足は否めません。

卓上旋盤では定番商品。

バイトは10mmと12mmが掴めたと思います。

重量は雲泥の差

今回交換する「250-100」は剛性面でかなり違いがでると思います。

軸を取り付けるねじ穴はM12です。

PSL450-VDRの複式刃物台(トップスライド)はこんな感じで、今回の「250-100」を取り付けるために写真左にある純正の回転ストッパーを外す必要が有ります。

「250-100」の軸はM14なので軸棒下部をM12にしなければなりません。

旋盤でM12に加工しました。当時は旋盤初心者だったのでこの「ねじ切り」も一苦労だったのを覚えています。

パイプレンチでしっかりと回し固定します。

スパナを噛む所が無いのでパイプレンチが必要です。切削でレンチポジションを作るのも良いかもしれません。

この写真は最近の写真で本体底面を切削して台が低くなっています。

本体を複式刃物台と平行を合わせて取り付けます。

M14ナットで固定

重要:高さ比較

ここまではあまり問題ないのですがここからが難有りです!いざバイトの芯高を合わせようとすると芯高が合わない!?普通に取り付けてしまうと「250 -101 クイックチェンジツールホルダー」が複式刃物台に干渉してしまい刃物芯が下がりません。

PSL450-VDRにこの「250-100」を取り付けている方の情報がネット上に無いのは取り付け不可?だから??

ツールホルダー(250-101)等の加工

干渉部分は分りました。素人ながらいろいろ考えましたが、結論は「干渉部分を切削」する事にしました。土台本体を削る「250 -101 クイックチェンジツールホルダー」を削るか悩みましたが加工のしやすい「250 -101 クイックチェンジツールホルダー」を切削する事にしました。

上記写真の赤丸部分が干渉します。

エンドミルは超硬を使用

250 -101 クイックチェンジツールホルダーの下部を切削します。

形はこのような感じで切削しました。

切削寸法

縦・横に挿しても干渉しない切削です。

複式刃物台の干渉部分を回避

これで複式刃物台よりも下に下がることが出来ます。

この加工で10mm角と12mm角は問題なくチャック芯に高さ調整できます。

Part2へ続く

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました