旋盤市場PSL450-VDRの複式刃物台を撤去し「くさび式クイックチェンジツール(250-111)」を取り付けて剛性&精度を高めてみた!Part2

旋盤「PSL450-VDR」

旋盤市場PSL450-VDRの複式刃物台に以前から不満があり思い切って撤去してみました。タイミング的に「ピストン式クイックチェンジツール(250-100)」にも不満があったので「くさび式クイックチェンジツール(250-111)」に移行しました。 複式刃物台を撤去してしまうとテーパー削りが出来なくなってしまう等のデメリットがありますが剛性&精度を重視して今回の改造に至りました。この記事は作業記録です。

スポンサーリンク

ベース製作

Part1からの続きです。

材質:S50C

ベース板を購入しました。指定寸法にカットして有ります。材質S50C 120×100×t10です。

6Fでフライス加工してあるので平面度の精度はある程度出ています。穴あけ加工だけの簡単な加工で製作します。

S50Cなのでクーラントを噴霧しながら加工しました。

四隅はM8ボルトで止めるのでΦ8mmの穴を開けます。まず、下穴Φ5mmを開けます。

Φ5mm→Φ8mmに穴を広げます。

四隅に取り付け穴が開きました。

次にクイックチェンジ(「くさび式クイックチェンジツール(250-111)」)の土台を止めるM5のねじ穴を開けます。

Φ4.2mm(M5)の穴を10箇所、Φ3.3mm(M4)の穴を2箇所ほど開けました。

M4、M5のタップをフライスのボール盤機能で行ないプレートの加工は終わりです。

純正の複式刃物台から水平押しあて金具?を取り外して・・・

裏面に取り付ける(寸法バッチリ)

作製したプレートに移植します。

四隅のボルト穴位置もバッチリ合いました~

旋盤に取り付けます。

固定は六角穴付きM5ボルト6本でガッチリ

Part1で作製したベースを取り付けて・・・

上下に2cmほど可変移動できるような設計になっています。

土台の完成!!

ちなみに裏面はボルトが突き出しないボルトの長さにしなければなりません。

四隅を純正のボルト&ナットで固定し、位置を決めます。

軸棒を挿して固定。

本体(250-111)を取付けて完成!

スコヤ垂直&水平を出してテストカットに続きます。

Part3に続く

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました